Twitter拡張

思ってることをダラダラかきます。

いまは僕の目を見て

気温も上がってきて、桜も散って、そろそろベボベの季節になりそうですね。

久しぶりに聴いてる。

でもやっぱ上着がないと夜は寒いですね。

 

一瞬ではありますが、仕事がひと段落したので、ブログでも書こうなんて思い、はてなブログを久しぶりに開きました。

 

今日久しぶりに父親のお墓に挨拶へ行きました。

お墓を目の前にしたら伝えなければならないこと、たくさんあるなあ、思い、何回もお墓の前で話してしまいました。

 

近況報告というか、最近の自分に関して心の中で話している時に、

「父親が生きていたらすごい怒られているんだろうなあ」

なんて思い、うっすら涙が出てしまいました。

今、打ってる時も涙が出そうです。

恥ずかしいことしかしてないな、ほんとに。

 

 

なんでかわからないけど、最近すごい泣けてくる。

 

自分は社会人4年目という、歳にも関わらず、何も成長していないな、むしろ退化しているなと思うことが多いです。

 

年相応じゃないって思うことはたくさんあって、

周りが昇進していたり、結婚したり、

周りの人間が年相応なこと(これもなんだって感じなんだけど)をしているのに、自分は何もないなあ、

小学生が言われていることのようなことばかり言われているな、と思い、しんどくなります。

 

こんな自分は生きているんだろう

さっさと死んでしまった方がマシなのではないか

 

そんなことを思う時があります。

 

でも、今日お墓に行って、自分はどうにかしてでも生きないと、父親が死んだ時の家族の様子などを思い出して、どんなに自分がクソな人間だとしても、どんな形でもいいから生きていくということが自分にとっては大切なことなんだと思いました。

 

生きることも難しいけど、死ぬことはそれ以上に難しい。

自分は死にたいって思うことはたくさんあるけど、死ぬ勇気は実際にはない。

 

死ぬなんて言いながら死ねない激弱人間は、這いつくばりながらも生きた方が強い人間になれるのかもしれない、なんて思うようにします。

 

一度きりしかない人生なんだから、死ぬ時に

「自分は満足だ、もう死んでもいい」

と思えるようになりたいな、とか思います。

 

父親はそう思って死んだのか、どう思いながら死んだのか全くわかりませんが、自分は悔いがないように生きていこうと思います。

 

よく上司に「お前は、父親のようにはならないようにすることが一番の親孝行だ。死にたいと思ったとしても、家族、友達、彼氏のためにちゃんと生きろ」と言われるのだけど、本当にそうだよなあ。

 

 

自分に向いていないだろう今の仕事も、やりたいことの一つではあるので、

もういいや〜って思えるところまで突き詰めてできるようになりたいです。

というか、そうしないと、面倒を見てくれている人、可愛がってくれている人々に申し訳ない。

 

自分も同じ熱量で返していかないと。

 

しんどいことはたくさんあるけども、

自分が良い人間に近づくと信じながら、

精一杯生きていきます。

恋がしたい恋がしたい恋がしたい

 

 

 

 

 

さいあく。

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです。

半年以上ほったらかしちゃってたや。

すみません。誰も読んでないからまあいいか。

 

靖子ちゃんの「ひらいて」が最近好きすぎて

頭の中で突然流れてきます。

別に恋がしたい恋がしたい恋がしたーい

なんて思っていないんだけど、

最初のこの部分がとても好きで、口ずさんじゃいます。

 

もしかしたら自分の心の中の本音というか、

実はこういう人間になりたかったみたいな感情を

表してくれている曲なのかな、なんて思ったり。

 

待って、私は何を言いたいんだ?

 

いつも何言いたいかわからないからまあいいか。

 

 

ブログを更新するときは

だいたい何か言いたい気持ちがすごいあるんだけど

うまく書けない、言えない、言っちゃダメなことを言いそうになる、そういうときなんだよな。

 

 

もやもやもやもや!ってなってるとき。

 

 

 

山田杏奈ちゃん好きだし、

「ひらいて」みたかったなあ

 

 

特報かなんかみたときに、あ!みたい!って思ったのに忘れてました

 

 

最近そんな感じだなあ

 

 

 

映画観なきゃ!って思うんだけど

映画に感情を振り回されやすいから

ハマっちゃうと本当に余韻、というか、

自分もその映画の登場人物の1人、という意識で

生きていくことになるからしんどい時がある

 

 

 

うまく言えないから伝わらんと思うけど、

自分の人生も映画みたいに

自分主人公の物語ってことなんだよなあ、

 

なんて思って、なんでこんなつまんない人生

生きてんだよ、

 

 

もっと熱く

人間らしく

汚く

せこく

這いつくばって

それでも輝いて

生きてみたい

 

 

とか、

思っちゃうんだよなあ

 

 

 

 

 

思うだけなんだけど。

 

 

 

痛いよなあ、しんど。

 

 

 

そういう感情があるから今の仕事が

できるのかなあ、

普通じゃない、

普通じゃないことをしてることによって自分の欲を満たしている

 

 

いや、蓋を開けてみれば意外と普通の仕事かもしれない

 

 

 

何言ってんだろう

 

 

 

 

靖子ちゃんの曲を初めて聞いた時に

「あ、自分のもやもやを表現してくれてる

私の代わりにギターかき鳴らして歌ってくれてる」

って思ったんだよな

 

 

映画をみてるときもたまにそういうことを思うときがあって、

自分は完成した作品をみて感謝してるだけじゃ嫌だな!と思って

現場で作品がよくなるために自分のできることをやりたい!って思うようになりました

 

 

私は監督になれないから別の方法で

 

 

 

ほんと何が言いたいんだ?

 

 

 

感情が一人歩きしてわけわかんないや

 

 

 

とりあえず自分は精一杯生きて

悔いのないように

面白い死に方をしたい。(全然関係ない)

のほほ〜ん

お久しぶりです。

毎回ブログ書く時にお久しぶりですからはじまるのどうにかならんかね。

定期的に書けよって話なんですけども。

 

前回書いた記事から半年以上経っているのですが、

ま〜たこの間にいろいろありましたね。

前回ではこの仕事頑張ろ!みたいな締めになってましたが、

一回やめました。一瞬。

 

やめた理由というのも、

自分がいっぱいいっぱいになってしまった

というだけの理由なんですよね。

今思えば、「いやもうちょっと頑張れよ…」って感じすぎて、

やめてしまったことを恥じています。

自分は師匠のおかげで、いろいろなスタッフの人に

可愛がってもらっているといういい環境にいるのにもかかわらず

そんなことを気にせず自分のことばかりを考えて

だーっ!もうやめちまえ!!

って思ってしまったことは本当に申し訳ないと思っています。

 

かわいがってくださった人たちの顔が思い浮かばなかったわけではなかったのですが、

「いや、いうて自分はそんな気にかけられてないだろ、

自分1人いなくなったところで何も変わらんだろ」

とか思っちゃって、はあ〜クソだなと今とても思います。

 

同じ現場に戻るというのはなかなかないと周りに言われましたが、

ありがたいことに同じところに戻らせていただきました。

戻っても何も言わず聞かず迎え入れてくださり、

あー本当に自分は恵まれた環境にいたんだなと実感し、

同時に自分の弱さを強く感じました。

1回やめてしまった分、周りの人以上に頑張らねばと思い、毎日過ごしていました。

 

ですが、毎日怒られてました。

 

自分でも恥ずかしいぐらいに怒られました。

というか、自分こんな人間だったっけ?って感じに。

何が問題なのかなと最近考えていたんですけども、

心を無にするという謎の特技がいけないんだと気づきました。

もっと心を燃やして、

楽しい時は全力で楽しむ!

ムカついたときは全力でムカつく!

悲しい時は全力で泣く!

 

という感情をむきだしにする能力が自分にはどんどんなくなってきているということがよくないんだなと思いました。

中学生の時修造さんが好きだったことを思い出してください。

あとは、自分はクソだけども、クソなりに自信をもって生きていかないといけないな〜と。

 

 

何を言っているかわからなくなってしまいましたが、

自分のクソさをしっかりと受け止め、そこから

新しい自分を構成していこうと、最近思っています。

自分のコンプレックスを治したり、好きになってあげたり、

24歳にして新しい自分を作りなおします。

幼稚園生に戻った気分です。

 

馬鹿な私には全然向いていない仕事かもしれませんが、

自分の成長のことも考え、逃げずに向き合っていこうと思います。

 

がんばるぞ〜

 

 

 

 

イッツアミラコーナイ

タイトル思いつかなすぎて

今聴いているORANGE RANGEの「MIRACLE」の

一部を使いました。

 

お久しぶりです。

電車乗ってる時間長いので、

なんか書こうと思ってアプリ開きました。

 

近況報告といいますか、なんといいますか、

書きます。

 

------------------------------------------------------------

仕事辞めてすぐ家を1ヶ月離れて

自分の憧れていた場所にいました。

 

知らない人しかいない、

自分の知らない土地に飛び込みました。

 

家を1ヶ月離れるってことは

人生で初めてのことだったので

宿についてすぐ部屋の隅で号泣しました笑

1週間ほんと耐えられなくて

トイレの中で泣いてたりしましたね、、

 

いろんな人にホームシックですって言ってたら

爆笑された、あと1ヶ月やってけんの?って。

 

「これがホームシックか」って感じのやつでした。

 

でもなんだかんだ2週間経ったら

ホームシックのことなんて忘れて

毎日仕事が楽しくてにやにやしてました。

全然面白くないことに対してもめちゃ笑ってました。

体温報告してる人の体温聞いただけで爆笑してました。

「36度2分でした」

って言った人に対して

爆笑してたのはほんと未だによくわからない。

それがあったから、

その人とはすごいお話するようになれたからよかったんだけども!

 

あと怒られたとしても、自分が怒られてることが

嬉しくて(?)にやにやしてたら(無意識)

 

「笑い事じゃねーぞ」

 

ってさらに怒られてしまいました。

 

なんだろう、自分が他の人に認識してもらって

怒られるってことは自分のこと見てくれてるんだ

って思ってすごい嬉しかったんだよな。

 

日々過ごしていくうちに

明るくなったとか

なんか研ぎ澄まされた感じになった

とか言われて、ほ〜ってなりました(?)

 

でもたしかに、前職よりも

いろんな人と話すようになったし、

笑うようになったなとは思います。

(相変わらず声は通らないけど)

 

すごい良い人ばかりで、

いろいろな経験をさせてもらったり

お話してもらったり

なんか、ほんと思いっきり仕事辞めて

飛び込んでよかったな〜って思いました。

 

仕事は全然できないけど

ちょっとずつ成長できたらいいなと思います。

 

がんばるぞ〜

思い出に浸る暇もないってくらいの思い出作りたい

こんにちは。

久しぶりに出社したら

外が激あつでむかつき、しかも目が日射しにやられて目がチカチカしちゃった

クソ人間です。

 

RADWIMPSの一部の曲がサブスク解禁したということで、

私の好きな曲でもかこうかな〜と思います。

 

超どうでもいいけど本題に入る前に一つ。

 

サブスクって変換したとき”寒スク”ってでてきた。うざすぎる。

寒いことさぶ〜〜〜!って言わないし私。いつうちましたか?

うってないですよね?”さむい”ってちゃんとうちますよね?

パソコンの変換なのでしっかりしてください。(厳しい)

 

はい。おうち時間になった途端喜怒哀楽が激しくなっちゃったので

こんなことでも普通に怒ることができます。

感情豊かになったね!やったね!

次は抑揚をつけて喋ることができるようになれるといいね♪

 

いや本題入れよてな。毎回これ。そろそろこの件飽きたな。

はい!本題入りま〜〜〜〜す。

 

ちょっとその前に!(?)

RADWIMPSとの出会いから書こうかな〜(話がまとまらない人の典型)

 

はじめてRADの曲を聴いたのは、おそらく小5か小6だったと思う…

姉に『いいんですか』を無理やり聞かされたのが初めてです。

無理やりってなんだよって感じなんですけど、まじで無理やり(笑)

 

同じ部屋にいて、

 

「これ流行ってるから聴いて(いいんですか?とふたりごとだった気がする)」

 

ってイヤホン耳につっこまれた気がします(記憶補正かかってる可能性大)

姉が聞かせてくれたってのは間違いないです。

 

でもその時、私の心には全く刺さらず、

 

「声高い男性ボーカル苦手なんだよね😪😪😪😪」

 

って言ってサビ入る前くらいで聴くのやめた記憶があります。

 

クソ生意気小学生だな。

そんな、男性ボーカルの声苦手とかで聴く曲きめんなや、

みんなのうたとか天テレの曲でキャッキャしてろよ(!?)

 

 

 

で、中学入ってから、一部の中で

「RAD超いい〜〜〜〜☺️☺️」

ってなってるのをみて、

 

「もっかい聴いてみるか〜〜〜〜〜〜」

 

って言って家のパソコンに入っていた

 

RADWIMPS 3 ~無人島に持っていき忘れた一枚~

RADWIMPS 4 ~おかずのごはん~』

 

を自分のウォークマンに入れて聴いていました。

みなさんも知ってであろう『いいんですか?』と『有心論』が入っている

4から聴き始め、

夢番地』が私にささっていろんなRADを聴いてみようという気持ちになりました。

 

で、そのあとに3をきいて、

「4のやつより3が好き!!!!」

ってなって中学、高校と、

10代はRADWIMPSの曲を聴いていました。

 

で、高校生のときは、とてもTwitter

ハマっておりまして、

みなさん一度はお目にしたことがあるのではないかというタグ!

 

#日曜日だし邦ロック好きと繋がりたい

 

というタグであほみたいに邦ロック好きとつながり、

深い仲になった人たちはほとんど

RADWIMPSが好きです!!!」と言っていた人です。

 

LINEのRAD好きグループに入って

あほみたいに会話していたのをめちゃくちゃ覚えている…

 

まじでいい思い出…

今でも仲良くしてくれている人たちが何人かいて、

まじで、RAD好きじゃなかったら友達じゃなかった…って人多すぎる。

 

てか、人生ではじめて自分の好きな音楽で

たくさんの人とつながったって感じがした…

一生仲良くしたい!!一生付き合ってくだろう!

みたいな人まじで多くて、、、なんか泣けてくる。

 

高校生で、部活が激ハードだった私は、

リアルタイムで仲良くしてくれてた人とライブで会うとかできなくて、

すごい悔しい思いをしていた記憶があります。

 

ライブいくお金も交通費もねぇ!!!いいなぁ!!

集合写真撮ってる!!絶対会ったほうが仲深まるじゃん!!

 

なんて思いながらLINEをあほみたいに送ってました。

 

そんな感じで当時は会えなかったのですが、

大学生になってから、去年など

何年か経ってから実際に会ってもらえてまじで泣きそうになりました。

こんな私とここまで仲良くしてくれてありがとうという気持ちで

いっぱいになりましたね…

 

 

 

あと、今お付き合いしている方ともRADつながりというか。

米津玄師との胎盤にいこう!ってなって、というやつなので…

 

うまくいえないけど、ほんとRADには感謝しなければならない…

という感じです。

 

本題に入る前に泣けてきたな

目をうるうるさせながら本題はいりま〜〜〜〜す

 

 

RADWIMPSの曲をまともにきいたのは『×と○と罪と』までです。

 あとアルバムの中に入っている曲しか選びません(クソ)

 

え、てかここまでで1500文字以上かいているのだが。

クソレポートじゃんこんなん・・・

 

長いから、3と4の好きな曲だけ今回は書きます。

 

二転三転している。話をまとめられない人間代表です!

ありがとうございます!!!!

 

はい。

---------------------------------------------------------------------------------------

 

サブスクに入っているアルバムは

RADWIMPS 3 ~無人島に持っていき忘れた一枚~』以降のものなので

この中から書いていこうと思います!

正直私は2がかなり好きです!!!!(!?)

 

 

RADWIMPS 3 ~無人島に持っていき忘れた一枚~』

 

 

全部!!!!

 

 

まじで全部かもしれない。

いや、でもその中で特に好きなのは

『4645』『おとぎ』『揶揄

 

かな〜〜〜。

 

 

『4645』は当時洋楽が好きだった

私はただ日本人が英語の曲を

歌っている。(全部英語ではないが)

 

ただそれだけの理由でめちゃ好きになりました。

しかもこの曲はこのアルバムの1曲目で

明るめの曲で、なんかすごい

日差しの強い日みたいな印象で(クソ語彙力)で

めちゃ好きになった記憶あります。

 

 

『おとぎ』はMV込みで好き!


おとぎ RADWIMPS MV

 

パラパラ漫画?っていうの?なんか絵が入ってるのがとても好き!

で、なんか実写とちょっとリンク?するの超いいな〜〜ってなった。

ほんとおとぎ(話)って感じで!

MVみて泣いたことめちゃあります!

 

高校生のときかな。テスト前とかにめちゃめちゃ聴いていて、

歌いながら泣いてたりしてた。普通に。

情緒不安定かな?ってくらい

この曲聞くと泣いちゃう時期あって、あの時期は何だったんだろうって感じ。

今でもたまにカラオケで歌うけど、半分以上英語でほぼ歌えません!

でも好きです!!!!!

 

『揶揄』は普通にかっけ〜って感じで。

イントロのなんか南の島感好き(?)

私だけかな南の島感じるのwww

 

どんどこどんどこどこ

モニョモニョモニョモニョ〜〜

ちゃかちゃか

 

みたいなのがすごい南の島感(?)

 

あとおしゃいよね普通に(語彙力)

歌詞、共感できん!

この世界のことだいたいわかってね〜(笑)

って中学生のときになってたけど、

メロディに惹かれました。

「はい、はい、はい。」ってとこも好きwwww

あと傷口のくだりは想像して

「いてぇよ!!!!!!!わらえねー!!」

って思いながら毎回聴いてました。

 

とても中学生ですね。

 

ばかにしてんのか?って感じの好きポイントですが、好きです。

ちゃんと好きです。

いつかのライブで聴いてフォ〜!ってなりましたので。(?)

 

中学生の時はこんな感じで曲をきいていたのですが

時間経ってから『螢』と『トレモロ』の良さにも気付きました。

『セプテンバーさん』は9月3日になるとみんなツイートしてたから

すごい印象に残っていますね(雑)

 

---------------------------------------------------------------------------------------

RADWIMPS 4 ~おかずのごはん~』

 

この中で好きな曲は

夢番地』『バグッバイ』『泣きたい夜ってこんな感じ

 

アルバムの中の最後の3曲じゃん。

この流れ超好き!!!

 

 

夢番地』はイントロが好きで。

ぽーんぽんぽーんって

お〜〜ってなってました(?)

ぽーんぽんぽーんがベースって知ったときは

真似してぇ〜〜なんて思いましたが、

一回も真似したことないです。(クソ)

 

でも、この曲の歌詞が、今の自分の一部分にはなったかもしれない。

自分が今していることって誰かの夢かもしれないっていう考えを

どこか頭の隅におこうおこうって気持ちは今でもあります。

仕事やめたいってすごい思うけどね!!

 

あと自分のないところを持ってる人を

好きっていうのもこの曲からきてるかもしれない!(?)

 

『バグッバイ』も

なんか夜に聞くと泣いちゃう!!!って曲の一つでした。

あと、テスト勉強しながら。

(テスト勉強しながら聴く曲泣きがち)

現実逃避かな??まあいいや。

 

改めて聞くと弦楽器の音に結構やられてたかもな〜って感じだな。

なんかこの曲聞くとすごい頭の中に映像が流れるというか。

そんな感じだったので。はい。(諦め)

 

『泣きたい夜ってこんな感じ』は

単純にこの曲録ってる時楽しそうだな〜〜

って感じで好きです。

泣きたいときに、一緒にこんなことできる友達がいたら最高だな〜〜〜〜

なんて思いながら聴いてました!

 

 

以上こんな感じですね(?)

 

 

気が向いたらその他アルバムの好きな曲についても書こうと思います〜

 

ここまで読んでくれたいたら人まじで感謝です

イェーイ

 

 

 

 

 

気持ちが溢れたので

こんにちは、お久しぶりです。

 

「Stay Home」ということで、おうちでお仕事をしている方、

家ではなく普段と変わらず外でお仕事している方、

お仕事をやめてしまった方、やめざるを得なかった方、

様々な人がいると思いますが

 

みなさん、お元気ですか?(長い)

 

私は日々、家で何をしたらよいかわからず、

フォトショやプレミア で遊んでおります。(クソ)

仕事しろよってな。

すみません。

毎日お仕事している方に感謝してます。

スーパーとか病院とか、コンビニとか。

日常に欠かせない場所で働いている人たちには本当に感謝してます。

 

久々にブログをなぜ書こうと思ったかというと、

暇だったからです。

 

嘘です。

 

久しぶりにbloodthirsty buchersさんのライブ映像をみて

気持ちが昂ってしまったからです。

bloodthirsty buchersとの出会いについて少し書こうかなと。

というか、私が残しておきたいな、と思ったので、つらつら

書いていこうと思います。

 

私が彼らと出会うきっかけをくれたのは、

石井聰亙監督の『ソレダケ that's it』です。

めちゃめちゃ鮮明に覚えているのですが、

この映画を見つけたのは、大学一年生。

通学の電車の中でした。

私は、俳優の染谷将太さんがとても好きで、

彼のホームページを見ていたんです。

そこに、ソレダケの舞台挨拶が、渋谷のライブハウスで

行われるという情報を発見し、

 

「うわ!生の染谷くんが見れるのか!激やばじゃん!!!」

 

と思い、震えながらチケットを応募しました。

当たるかな〜などと思いながら…

しかし(たしか)これは先着順で、買えば絶対いけるというやつで

普通に確定のメールがきて、「おぉ!」となった記憶があります(?)

 

そして、当日、ライブハウスへいったら

前から3列目くらいの真ん中(たしか)の席から

染谷くんを拝めてとても最高でした。

 

で!!!

映画をみるまで、映画の情報を一切みなかった私は、

俳優の渋川清彦さんが

bloodthirsty buchersの「コリないメンメン」の歌詞を

朗読されて、「?」となったわけです。

 

まじでそのときの自分を殺したいね。

なんで、ちゃんと映画について調べなかったんだよと。

いや、調べてからいけよと。

 

この『ソレダケ that's it』というのは、

簡単に言えば、bloodthirsty buchersのボーカル吉村秀樹さんのための

映画だったわけですよ。

元々、吉村さんと共に作ろうとしていたようなのですが、

2013年に急逝してしまい、

bloodthirsty buchersの曲から着想を得て作られたものだったのです。

映画の中では彼らの曲が爆音でたくさん流れていました。

 

私がそのライブハウスで観たときは

爆音で上映するというものだったため、

迫力が半端なく、1ヶ月ぐらい余韻が抜けませんでした。

まじでなんか抜け殻みたいになってました、ほんと。

大学に入ってから映画もちょこちょこ観始めた人間で、

今までハリーポッターとかトイストーリーとかしかみたことない人間には

とても刺激が強くて、映画の新たな一面も観られたということもあり、

もうほんと、やばかったです。

今でも忘れられない。

 

観終わってすぐ、いろんな映画を教えてくれる、

俳優染谷将太好き仲間の石山くんにすぐLINEしましたね。

 

「超やばい映画みた!!!!!!!!」

 

って。

そしたら、石山くんも観たかった作品、かつ、

ブッチャーズが超好きだったらしく、

 

「これ流れた?」

 

と言われて

 

https://www.youtube.com/watch?v=RpZTriALin


bloodthirsty butchers / デストロイヤー Music Video (監督:川口潤)

この曲が送られてきました。

 

この曲は流れなかったのですが、

映画の中でタイトルが登場し、うわ!となりました(語彙力)

帰りの電車でこの曲をきいて、めちゃめちゃのめちゃ

心が揺すぶられて、

涙がこみあげてきたのを今でも忘れません。

本当に。

 

そこから何曲かおすすめを教えてもらい、

毎日電車で聴いていました。

 

いやほんと、自分の中で、すごい大事な作品になりました。

染谷くんのホームページありがとうという気持ち。

しかも!!

今、俳優の渋川清彦さんと村上淳さんがとても好きなのですが、

彼らを超好きにさせてくれた作品もソレダケなのです。

 

やば〜〜〜出会ってよかった〜〜〜〜

出会ってなかったら今全然映画観てない〜〜〜〜〜〜

 

ってくらい私にとって大事です。

 

(あれ、ブッチャーズとの出会いを話すとかいいながら

レダケの話めちゃしてるやん。)

 

で、毎日ブッチャーズの曲を聴いていたら、

7月くらいに某新宿の映画館で上映するという情報を得て、

中島くんという高校からのお友達を誘い、観に行ったんですよ。

そしたらも〜〜〜中島くんもどハマりしてくれて、

うわああすげええええってなりましたね。(?)

そこでは、上映終了後にMVも流してくださって、最高だった。

MVを大画面でみたことないわ〜という。

 

2回映画館でソレダケをみた私は、

家のテレビでは絶対みねぇ・・・・と決心しました。

爆音の迫力込みで好きだから

家じゃみない!!!!爆音でみたいんだこれは!!!

と思い、しばらく観ずにいました。

 

で!!!(まだまだ続きます)

大学3年の授業で自分の好きなシーンをみんなに発表する

みたいな回が数回行われ、そこで私はソレダケの冒頭シーンを紹介しました。

 

「家よりは大きい画面で、かつ大きい音で観られるだろう。

染谷くんと渋川清彦が大画面で観られる!最高!イェー!」

 

と思ったからです。

いや、ほんとに好きシーンなんですけど。

他のいくつかの映画と迷ったんですけど、決めてはこれでしたね。

 

そんでですよ。

この紹介をしたことにより、その授業の先生に

私の存在を認識してもらって(言い方)

先生や先生のお知り合いのお手伝いをさせていただけるようになったわけです。

まじで貴重な経験をさせていただきました。

この経験があったからこそ今の自分がいるような気がします。(まじで)

 

『ソレダケ that's it』を通して

私はたくさんの人、音楽と出会うことができました。

映画って最高だなああああああ

めちゃいい人生の教材ですわ!!!!!!(誰)

 

 

 

あれ、ブッチャーズとの出会いについてを

めちゃめちゃ超えてなんかすごい

壮大な感じになってしまった。

拙い語彙力のせいでクソみたいな文になっているけど、

ほんと、私にとって大事な作品です。

 

毎年某映画館で同じ日に上映されているので

その日のために毎日頑張って生きようと思います。

何十年も先まで続く回なのであれば、

将来子供ができたら一緒に観たいなぁなんて!!

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

エモ

昨日、ほろ酔いですごいとても気分が良かったので

目の前を歩いてた手を繋いでいたカップルに

エンガチョをしたくなった半田です。

どうもこんにちは。

 

エモというタイトルにしたのですが、

昨日、これがエモだろというような出来事があったのです。

※個人的エモなので、エモと感じない人多数だと思います。

 

お友達のSさんと刺身を食べた後にカラオケへ

行ったんですよ。

何歌おうかな〜と思って最初は安定のKingGnuを入れまして、なんやかんやJ-POPなどが続き…

Sさんがラルクを入れ始めたまして、

そこからがもうなんかV系祭りみたいになって、

私は感動してしまいました(語彙力)

 

お友達のSさんというのは、

小学生の頃からの仲でありまして、

中学生の頃も仲良くしていただいたという

私の人生の古参フレンドというわけでして…(古参フレンドとは)

中学生のとき、V系がお互い好きで、すごい、

中学生の頃を思い出させられる

ラインナップでした…っていうだけのやつなんですけども…

 

ここ最近の自分のカラオケラインナップは、

"どんな人と行ってもわかる曲を歌う"

というのを心に留めていたもんでして、

考えて考えて曲を選ぶみたいなことをしてたんですけど、

昨日のカラオケはどんどん出てくる出てくる!!

(うろ覚えの箇所もありましたが)

あれはあれは!!ってなってもーー

走馬灯のように曲が頭の中に出てくる!!!

おそろしい。(おそろしくはない)

 

そんな感じでめちゃテンションが上がってしまったわけでして。

 

まぼろし〜〜☝️☝️☝️☝️☝️

って感じでした(?)

 

久しぶりになんか、すごい、楽しかった。

昨日の朝はすごい鬱な気持ちだったのですが、

やはり、誰かに合って話して、カラオケに行って

っていうのは自分には大事なことだと…

 

最近はなんとかナとかいうやつがたくさんで

てめえがカラオケなんて行ってるから!!

なんて言われちゃう世の中になってますが、

私は屈せずにカラオケに行きますし、

飯も食いに行きます。